完成までの流れ

初めての家創りはわからない事がいっぱいです。 簡単に完成までのスケジュールをご紹介いたします。
step1.プランのご提案
建築用地はお決まりですか?まだ決めかねている…そんな時は設計士も一緒に検討している土地への建築のアドバイスや参考プランをご提案させていただきます。まずは希望の建物の大きさ(部屋の数や水回りの階層)外観や庭のイメージ等、家族で話し合いをしてください。
step2.資金計画
建築用地が決まりましたら、全体の資金計画をします。不動産を購入する際はそれ以外に何かと諸経費もかかります。住宅ローンを組まれて計画される方は早めに建物の大きさの打ち合わせをして参考のプランとともに銀行の事前審査をお勧めいたします。この時、敷地の状況を良く確認いたしましよう。建築費にかかわる事項もあります。
step3.契約
資金の計画がたちましたら、より具体的な間取りの検討、必要な設備等を打ち合わせをいたします。方向性が決まれば建物請負契約のための図面と見積もりを作成します。ご質問、不明点は何なりと聞いて下さい。納得されましたら請負契約となります。
step4.打ち合わせ
請負契約後、本格的な打ち合わせになります。間取り、窓の位置、建具の色、外壁の色、クロスの色、棚の位置等…決めなくてはいけないことがたくさんあります。設計士からのアドバイスを聞きながら貴方らしい住まいを考えていきます。
step5.地盤調査
土地の引き渡し(決済)が完了していたら地盤調査をいたします。調査結果により地盤改良工事が必要となる場合がございます。(改良工事は別途費用がかかります。)
step6.各種申請
建物の詳細が決まりましたら建築確認申請等の色々申請をいたします。確認申請のみでしたら約10日間位で長期優良・性能評価・消防・農地申請等それ以外の申請がある場合は1カ月~2カ月と建築する地域管轄の官庁により、交付は前後いたします。また、この時期に地鎮祭を希望される方は執り行います。また、近隣への御挨拶も済ませます。
step7.着工
各申請の許可がおりましたら建物の保険(まもりすい保険)に申請し着工します。基礎工事→上棟→木工事・外装屋根工事・電気工事・給排水工事・内装工事・防水工事→外構工事。この工事の合間にお施主様は現場に何度か足を運んでいただき電気配線の立ち会い・造作棚の確認・外構立ち会い打ち合わせが有ります。第三者検査として基礎配筋検査・金物検査・構造躯体検査、完了検査等…工程に合わせた検査を受けます。
step8.竣工
建物の完成です。お施主様に引き渡し前の最終チェックをしていただきます。
step9.お引渡し
建築費の残金のお支払いを受けて建物のお引き渡しをいたします。瑕疵担保責任保険やその他の長期、短期保証・メーカー保証等がスタートいたします。
step10.お引越し・入居
Point-建築請負契約の際に建物のお引き渡し時期が記載されますが、実際には打ち合わせ期間が長くなったり、各申請官庁の工事許可の遅れによる着工時期が遅くなるケースが多くあります。今お住まいの賃貸等の解約手続きは実際に建物を建て始めてからの完成スケジュールを確認なされてからにしましょう。人の手が作る一生の財産です。注文建築に急げ急げの工期短縮はお勧めいたしません。適正な工事期間は御了解ください。

お引き渡し後…アフターメンテナンス訪問の期間が始まります。 3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、10年点検のお知らせハガキを送付の上、お伺いいたします。

長くお住まい頂くために…自主メンテナンスのすすめ。 住宅は他の商品と異なり、四季の厳しい気象条件のもとで、長期にわたって使われるものですから、住まい方、手入れのしかたで寿命が長くも短くもなるものです。
住宅保証機構 住宅各部のお手入れ

保 証

住宅保証
住宅保証機構(株)まもりすまい保険10年保証(瑕疵担保保険)
まもりすまい保険
(株)エステート白馬 長期保証10年及び 短期保証(部位により異なる)
長期保証 短期保証
*保証内容は住宅保証機構の長期・短期保証基準(一戸建)に準ずる
地盤保証 ジャパンホームシールド(株)20年保証 *ジャパンホームシールドによる地盤調査物件
しろあり防除保証 ケミプロ化成(株)塗布施工日より5年保証
設備機器保証 各設備保証書による期間内のメーカー保証