建築費について

まずはじめに建物の金額を聞く際によく「坪単価はいくら」という言葉を聞きませんか?
「坪単価」や「建物本体価格」は公な規定がないため各会社により異なります。
より安くお客様へ感じられるように「住む」為に必要なキッチン・トイレ・浴槽が含まれていなかったり、建物内の電気水道ガス配管が別途のケースや、期間限定特別価格キャンペーンで通常価格より○百万円値引き、これはお得だ!と契約したら希望の間取りが規格外なので追加費用がかかる。という事もあります。建物を建てる段階になった時に倍になっていた、なんてことも実際にございますのでお気を付けください。何が含まれた「坪単価」「建物本体価格」なのかよく見極めることが必要です。

HAKUBAの家の建築費は大きくわけて6つの分類で提示しています。
  • 1.基本主体工事
  • 2.建築にかかわる付帯工事
  • 3.付帯設備工事
  • 4.外構工事
  • 5.オプション工事
  • 6.その他
1.基本主体工事(建物本体工事)

基本主体工事(建物本体工事)に含まれる項目は各シリーズの仕様により本体坪単価を変えています。
基礎工事・建物躯体・断熱材・外壁・屋根・防水・玄関ドア・サッシ・網戸・システムバス・システムキツチン・洗面化粧台・トイレ機器・室内建具・フローリング・内部仕上げ・給湯機・共有照明器具・電気配線工事(コンセント等は間取りによる規定数有)・建物内外部周辺給排水ガス工事・外部水栓・設計費・地盤調査費用(riche,GRANは性能《設計・建築》評価取得費・長期優良住宅取得費が含まれています。)
標準仕様:1階にキッチン・浴室・洗面脱衣室の2階戸建てプラン

2.建築にかかわる付帯工事

道路からの電気供給のための引込費、申請費用・建築確認申請費用・官庁検査費用

3.付帯設備工事

前面道路からの上下水道ガス引き込み工事・道路復旧工事・防火準防火地域対応加算・敷地延長(前面道路から建物までの距離がが5Mを超える)・道路及び敷地間口狭小(運搬車、工事車両が搬入困難な場合)・土地造成工事(前面道路と敷地内に高低差がある)・土地整地費・三階建 等の地域や敷地の状況にあわせ住宅を建てるのに必要な追加工事費用

*建築用地の状況によ変動の大きい項目です。土地を購入する前にしっかりと検討してください。また、御相談も承ります。(1)~(3)までは住むための「家」になるまでに必要な建築工事です。

4.外構工事

HAKUBAの家ではトータル予算を考えた上で外構の工事費も計上いたします。それは、多くのお客様が住宅ローンを組まれて建物の資金を御用意されています。実際にお住まいになられたときに道路から玄関まで土のままや、カースペースの仕上げのない状態では生活は快適とはなりません。建物と最低限必要な外構費を提示することで建物と外構を含めたトータルな建築費をご提案いたします。実際のエクステリアガーデンについては専門のデザイナーからもご提案できます。

5.オプション工事

HAKUBAの家各シリーズ以外の仕様のご希望や2世帯住宅、設備追加等ございます時に加算いたします。

6.その他

特殊な事項がある場合

HAKUBAの家は不動産売買、住宅ローンもトータルでご対応出来るので、
全体の費用がわかりやすい仕組みとなっています。
さらに詳しい詳細につきましてはお問い合わせフォームまたは、お電話でお問い合わせください。